teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


神隠し?

 投稿者:ジョー  投稿日:2015年 9月 9日(水)20時35分54秒
  本当にあった怖い話の続きはまだですか?



 
 

1978日本シリーズby大杉

 投稿者:しーま  投稿日:2014年11月21日(金)03時49分37秒
   いや、それにしても懐かしい。当時私は大学一年生で、大阪の下宿で見てました。阪急は憎たらしいほど強かったし、Gファン(特に長嶋ファン)だった私は、その前年も前々年も憎き阪急に負けてましたので、スワローズを応援してました。対戦前から阪急の一方的な勝利ばかりを喧伝されていたので胸糞悪かったのを今でも覚えています。それに根拠はないのですが、何故か広岡さんなら勝つのではないかという淡い期待に胸を躍らせてました。そして遂に3勝3敗の文字通り最終決戦で、加藤秀司の抗議の間に1点先取したスワローズでしたが、あれはテレビで見るからには完全にアウトでした。
 そして問題の大杉選手の一打……あの打球は、テレビで何度もスローモーションで映り出されましたが、『絶対にファール』でしたね。私は、打った瞬間、角度的にファールだと信じ込んでましたが、線審の「ホームラン」にビックリしました。
 しかし、ビックリするのはその後でした。上田監督の抗議がいつ終わるのかと待ち続けてましたが一向に終わる気配がなく、最後は金子コミッショナーまでもが阪急ベンチの中で説得する破目となり、そのやり取りの一部がマイクで流れており、上田監督の激しい言葉が聞こえました。当時まだ19歳だった私は、徐々に上田監督の執念にのめり込んでました。相手がコミッショナーだろうと譲らないあの姿勢に少なからずショックを受けました。
 スタンドでは観客たちの喧嘩が始まったり、ベンチの水道が破裂し、水浸しになるなど、考えられない事態になり……今のプロ野球とは違い、選手も監督も観客も熱かった時代なのでしょうね。今年の日本シリーズの最後に、阪神の西岡選手が、守備妨害で妙な終わり方をしましたが、あれが和田監督でなく上田監督なら、とてもあんな抗議じゃ終わらなかったでしょうね。
 結局、1時間19分という恐ろしく長い抗議の後に上田監督の顔がアップで映し出されましたが、その顔は、既に勝負師の顔ではなかったのがクソガキだった私にさえもわかりました。そして、先発の足立投手に代わって出てきたのが新人の松本正志(後に祥志?)でしたが、松本投手は、私と同い年で、前年の夏の甲子園の優勝投手でした。しかし、残念なことに、チャック・マニエルに外角高目を(あれはボールでしたね)レフトにホームランされました。松本投手だって新人で19歳だし、あんな大舞台に立つのは緊張したことでしょうね。松本投手は、今でもオリックスの用具係をしていることをネットで知りましたが、今でも野球に拘わっていることに嬉しくなりました。
 今でも不思議なのは、あの抗議の後、あれほど嫌いだった阪急を応援してる自分がいたからです。上田監督のあの表情……涙が出そうでした。
 今の野球はスマートになりすぎです。クールさなどファンは求めていません。やっぱり勝負事は熱い人たちの場であって欲しいですね。
 私は誕生日が、昭和34年6月25日です。そう、あのミスターが天覧試合で村山実からサヨナラホームランを打った日に生まれました。その関係もあって、生粋のGファンであり、長嶋ファンでしたが、確か、あの日本シリーズの翌年、江川事件があって、読売の体質に嫌気が差し、遂にはミスターの解任でスッパリとGファンをやめました。同時に野球ファンもやめてしまいました。
 しかし、あの1978年の日本シリーズは、上田監督から生き様を教えて貰った貴重な試合だったことは確かです。
 

Santa Maria

 投稿者:children  投稿日:2012年 4月 3日(火)17時28分7秒
  恵みあふれる聖マリア、主は、あなたと共にあり、
主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。
神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために今も、死を迎えるときも
祈って下さい。アーメン
    6~7で13
2012年、4月5日、13時30分イエスが帰って来ます。

春祭り(過越祭)の2日前です。さて、過越祭の二日前になった。祭司長たちや律法学者たちは、策略をもってイエスを捕らえたうえ、なんとかして殺そうと計っていた。彼らは、「祭の間はいけない。民衆が騒ぎを起こすかも知れない」と言っていた。イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、また杯を取り、感謝して彼らに与えられると言われた。これは、多くの人のために流すわたしの契約の血である。http://www.japan-israel-friendship.or.jp/modules/special/index.php?content_id=6

聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、わたしの証人となるであろう。こう言い終ると、イエスは天に上げられ、雲に迎えられて、その姿が見えなくなった。イエスの上って行かれるとき、彼らが天を見つめていると、白い衣を着たふたりの人が、彼らのそばに立っていて言った。天に上げられたこのイエスは、あなたがたが見たのと同じ有様で、また帰っておいでになるであろう。ヨベルの日。ハレルヤ

 

モーレツオトナ帝国

 投稿者:プレデター  投稿日:2012年 3月13日(火)01時13分25秒
  >>こういう作りはこれくらいにして、
  またかつてのような理屈抜きで笑えて楽しめるアクションものに戻って欲しいような気もします。


↑おまえがこんな阿呆なこと書くから、あっぱれ以降はまたくだらない
クレしんに戻っちゃったじゃないかボケ!監督カムバック!!
 

sawas様へ

 投稿者:父口木一  投稿日:2011年 4月28日(木)00時03分5秒
  あなたのような国を思う気持ちの強い日本人がいることを私は大変に誇りに思います。
 

自粛ムード一変

 投稿者:sawas  投稿日:2011年 4月 9日(土)10時37分4秒
  自粛ムード一変、なりふり構わぬ県議選新人候補
 群馬県議選は10日、無投票の5選挙区を除く13選挙区で投開票される。
 序盤は、東日本大震災に配慮した自粛ムードが広がっていたが、最終盤に差し掛かり様相が一変。選挙カーによる遊説自粛を申し合わせた「紳士協定」がなし崩しになったり、街頭での「パフォーマンス」を敢行する候補が出たりと、知名度不足挽回のため、なりふり構わぬ姿勢を見せる新人も増えている。
 現職、新人が競うある選挙区では告示前、選挙カーによる遊説自粛を申し合わせたが、一部の新人が、中盤以降、そろって選挙カーを投入した。
 ある陣営では、まずは個人演説会の会場案内を流し、翌日から候補者名の連呼に踏み切った。音量は抑え気味だが、陣営幹部は「ムードも盛り上がらず、支持者から『やる気があるのか』としかられた」と、苦しい内情を明かした。
 これに対し、現職候補の陣営関係者は「出来れば最後まで(選挙カーは)使いたくない。申し合わせ通りに、自分たちの足元を見つめて戦いたい」と平静を装った。
 前橋市区の新人候補は、大学陸上部の主将を務めた経歴を生かし、母校の白いユニホームに選挙用のたすきをかけて走る「マラソン遊説」を始めた。以前から温めていたアイデアを震災で封印したが、「知名度もない中で、他の候補と同じ自転車遊説では差別化が図れない」と決断した。
 7日は、伴走の自転車3台と選挙カーを引き連れて市街地を疾走。沿道の有権者と握手を交わした。8日は距離を10キロに延ばし、郊外の団地や住宅街を遊説。この候補は「走ることで忍耐力、精神力を学んだ。原点に戻って最後の支持を訴えたい」と意気込んだ。
 一方、自粛を継続し、恒例の総決起集会を見合わせる陣営も多い。選挙カーの遊説使用中止を合同で発表した桐生、みどり両市区の現職候補4人は、いずれも行わない。選挙区内には、選挙カーを使う新人もいて、自粛側の陣営関係者は「何だかんだ言っても選挙カーの効果は大きい。自粛は仕方ないが、不利ですよ」と本音を漏らしていた。
(2011年4月9日07時28分  読売新聞)

追批、当然であろう。どんなに汚れた票であろうと、どんなに思惑が一杯詰まった薄汚い票であろうと一票は一票である。何を言われようと、センセイと呼ばれる勝利の日までは我慢である。
 

選挙違反カルト宗教団体の季節

 投稿者:sawas  投稿日:2011年 4月 5日(火)11時18分23秒
  選挙違反カルト宗教団体の季節
 東北地方大震災の中「南妙御陀仏経」を唱え髪を振り乱し、眼は血走り三角に吊り上げ、口を真っ赤に塗りたくり泡を飛ばし、ホッテントットのように重いデカイ尻を持ち上げて集団で、「赤信号、皆で渡れば怖くない」。と、憚らず「勝利、勝利、大勝利」と練馬市内を走り回る世にも恐ろしく醜い流言飛語バァバア~たちの姿を見かけると「あぁ~また選挙の季節がきたか」と放射能汚染より恐ろしいと怯える一般市民被害者の私である。
 この、在日カルト宗教団は自分たちのカルト大教団教祖やカルト教団施設を守るためには、我が、カルト宗教政党同胞立候補者を全員当選させ大勝利に導かねばならぬと洗脳されているため、選挙違反は大した問題ではないと規範無視な行為に恥も外聞もなく出始める恐ろしさがあるため要注意が必要である。
 選挙違反カルト宗教団の季節がやってくると。以前にも、東京練馬区豊玉北投票所襲撃事件や東京新宿では投票所入場券を一般の家庭や集合住宅の郵便ポストから大量にコソドロした事件、期日前投票強要事件、もちろん脅し恫喝投票強要事件(流言飛語で人格否定に陥れると)この時期は当たり前だと特に思い出す。上記はほんの一部にしか過ぎません。
(ほんの一例として、以下参照)

「信仰の場」で選挙活動とは
 今月中旬、創価学会の会館で開かれた地区座談会に誘われて参加し、信じられない光景を見た。
 座談会には約30人が参加し、終了後もほとんどの人が残った。女性幹部が「これから参院選の投票練習をします」といい、投票用紙大の白紙を2枚ずつ配った。1枚には公明党推薦の候補者名を、もう1枚には公明党と書くよう指示。書き終えると、幹部が1人ずつ点検していく。「もっとはっきり書いて下さい」と注意された人もいた。
 読経をし、仏教哲学を学ぶ信仰の場が座談会という。私は知人に頼まれ、福祉や青少年問題の話をするために出席した。年金問題に取り組む公明党の活動PRの紙芝居もあり、「民主党の菅直人代表代行が厚生大臣だったときに今の制度が作られたので、責任は管代表代行にある」と幹部は説明。1時間半ほどで終わり、投票練習があった。
 税金を免除されている宗教法人の会館で、堂々と特定政党の選挙活動が行われていることに疑問を持った。そして、幹部からの指示と情報に従って行動する生き方は、私には理解できなかった。
(朝日新聞 2007年6月25日付朝刊 「声」欄)

追批、選挙へ行こう、選挙投票は国民の義務と申します。が、政党や立候補者を選ぶのは有権者の自由です。まして、カルト宗教団体に強要されても投票所の中には監視カメラもなく筆記場所にも当然不当に監視する者も入れません。自分の正しいと思う政党や立候補者に投票しましょう。もし、筆記場所などで不当に覗き込んだりされたら、これは犯罪です大声で「ドロボー」と叫びましょう。もし、違反者を見つけたら警察へ連絡しよう。
 貴方が間違った政党や立候補者を選べば、国滅ぶ。ということを忘れずに・・・・・・。
(練馬カルト創価学会の真実を参考)

 

はじめまして。いつも楽しく読んでいます。

 投稿者:父口木一  投稿日:2010年 7月31日(土)22時30分33秒
  >多分、私は殴って留置所に行くでしょう。騒ぎを大きくして、なぜ殴られたのかを
知らしめる必要があるからです。そんなバカに育てた親に猛省を促す効果を期待します。
反省しなかったら晒し者にしてやります。

マブチモーター社長宅に放火した小田島さんは英雄だと思います。
当然かつて三菱ビルを爆破した東アジア反日武装戦線もしかりです。
が、この話をしたらみんなにばかにされました。
小田島さんや東アジア反日武装戦線のようなヒーローがあと10人いれば労働者を粗末に扱う旧時代的なことはどの経営者も怖く出出来なくなるでしょう。
上記の意見をお持ちの一平さんならご賛同くださいますよね?
 

(無題)

 投稿者:ノノ  投稿日:2009年12月22日(火)00時03分26秒
  オトナ帝国泣きました  

(無題)

 投稿者:森田芳雄メール  投稿日:2008年 2月10日(日)19時54分31秒
  どうも。一般掲示板はあまり更新されませんね。どうしたのでしょう?そんな訳で、字がおかしいとか、文が変などの間違い(失礼ですが)がありました。まず、教えて、野球の「プロ野球審判について」の一平さんのコメントで二塁塁審は「同時だったkらセーフをいったんだな」となってます。それと、「ルール千一夜」の問8で文はあっているのですが、ずれています。お手数ですがよろしくおねがいします。  

レンタル掲示板
/11